【新車&NEWS】プジョー SUV 2008
ガソリンと電気モーター、どちらを選びますか?

 プジョー SUV 2008が新しくなった。内装などは208の延長線にあるが、エクステリアや足回りはSUVらしくかなり大きく変わっている。2008はBセグメントに属するコンパクトSUV。パワーユニットはガソリンの1.2リットルPure Tech直列3気筒ターボと電気モーターの2本立て。駆動方式はFFのみで4WDは設定されていない。

大きくなった広くなったが小回り上手

 ボディサイズは4305×1770×1550弌先代の2008よりも全長が145弌∩管が30弍笋咾燭、車高は20于爾った。1600个鮴擇辰秦換發里かげで日本の一般的な立体駐車場にも押し込める。ホイールベースは70弍笋咾2610个法また、SUVで時々話題に上がる最低地上高は55个眇びて205弌これだけあれば市街地はもちろんオフロードだってまず不安はない。
 このように全長・全幅、ホイールベースが長くなったのにも関わらず、最小回転半径は先代よりも0.1ⅿ小さい5.4mに抑えられている。取り回しの良さとスペースユーティリティ(ラゲッジスペースは=434〜1467リットル)との二兎狙いだ。まあ、SUVではよくある手法だけど。最小の434リットルの荷室は先代より74リットル広く、後席をたたんだ状態の1467リットルでは295リットルの増大になる。プラットフォームはSUV 2008、SUV e-2008 ともに最新のCMP(Common Modular Platform) 。パッケージ効率の高さに加えて先代よりも30kg軽く、しかもフロアパンがフラットで空力にも優れる。トランスミッションは8速AT(EAT8)だ。

  プジョー SUVの基本デザインが決まった

 フロントビューも大きく変わった。ボンネットの位置が高くなって力強さをアピールする。垂直なグリル内のデザインはグレードによって微妙に異なるが、共通するのはライオンの牙のように上下に長く伸びたLEDデイタイム・ランニングライトだ。スポーティなGT Lineのマスクはさらに個性的で、ライオンの爪あとをイメージする縦3本のランプが付く。リアもこのフロントランプと呼応するように3本の爪あとをデザインする。
 インパネは基本的に208と変わらない。まずいわゆるメーター類は小さなステアリンの奥に見える。プジョー得意のi-Cockpitの新世代バージョンである。ホログラムのように情報を立体視で映し出しドライバーに必要なインフォメーションをレイヤー表示する。プジョーによるとこのシステムの採用によって情報に対するドライバーの反応が0.5秒向上すると言う。
 もう少し詳しく説明すると、表示・操作ゾーンは、ホログラムなどによる三次元情報投影が行われる視覚ゾーン。ステアリングホイールの横から下のエリアには物理的なトルグスイッチ(エアコンなど7種類)に触れて手で操作するゾーン。その下がコクピット感覚を与えるボディゾーンだ。

先進運転支援システムもほぼ標準装備

 パワーユニットは、先述のようにガソリンと電気モーターの2種類。グレードはそれぞれにAllureとGT Lineがある。5年連続でインターナショナル・エンジン・オブ・ザイヤーに選ばれている、直列3気筒1.2リットル・ガソリンターボの性能は90kW/230Nm。
 一方、モーターの出力・トルクは100kW/260Nmで、一回の充電による走行可能距離は385辧JC08)。ドライブモードはエンジン車と同じくノーマル、スポーツ、エコだが、エコモードでは60kW、ノーマルモードでは80kWに出力を抑える。回生ブレーキの強さは2種類選べ、ガソリンのエンジンブレーキに近いDモードとアクセルペダルだけで減速もコントロールできるBモードがある。満充電にかかる時間は、コンセント型の普通充電で約18時間、200Vの普通充電で9時間。CHAdeMO規格の急速充電だと約50分で80%まで電気量を回復できる。
 先進運転支援システム(ADAS)はフラッグシップの508とほぼ同じでアクティブセーフティブレーキなどは全モデル標準装備。ただし、アクティブブラインドスポットモニター(斜め後方の死角の車両を検知、後続車両の進路への侵入を抑制)、サイドソナー、インテリジェントハイビームなどはGT Line専用になる。SUV 2008 、コンパクトSUVの新基準となりそうなモデルだ。
 価格は、SUV 2008アリュール:299万円、同GT Line:338万円、e-2008アリュール:429万円、e-2008 GT Line:468万円。

報告:神谷龍彦
写真:PSA ジャパン

ボンネット先端に車名。GT LineのヘッドはサーベルのようなLEDデイタイム・ランニングライト。

サイドから見てもかなり個性的なデザイン。ただ、最近は日本車の意匠も随分個性的になってきた。

テールランプもライオンの爪で引っ掻いたような三連デザイン。フロントに合わせるように。

小径のステアリングホイールの奥にメーター。中央の、鍵盤のようなトルグスイッチも使いやすい。

EV車はフロントフェンダーの上部に“e”マーク付く。SUV 2008は17インチだがe-2008は18インチ。

ラゲッジスペースは434〜1467リットルでクラス最大級を確保。先代よりも74〜295リットル広い。


最終更新日:2020/09/25