プジョー308

還ってきた猫足。プジョー308

堤 長則



※画像クリックで拡大表示します。

 2000年の307発売以来7年振りのフルモデルチェンジは、先代の307より全長で +80mm、全幅+60mmに拡大され、全高は-15mmとなり、ホイルベースは変わらずフロントトレッド25mm広げられ、ロー&ワイドなボディになった。

 コンセプトカー・プジョー907から発想された、「 Feline (猫科の動物)」 というデザインアイデンティティの躍動感溢れるフォルムは、308に受け継がれている。

 グレードは、5ドアのマニアルモード付き4速ATのPremiumと豪華装備のCielo、そしてハイパワーチューンされた6速 MT で3ドアの GTiの3タイプ。エンジンは、PSAプジョー・シトロエングループとBMWグループの共同開発した1.6Lダイレクトインジェクション・ツインスクロール付きDOHC。

 この16バルブエンジン は、1400rpmから3500rpmまで最大トルクを持続し、ターボラグをほとんど感じさせず自然な加速フィールを味わうことができる(Premium/Cielo に搭載)。GTi はスポーツ指向にチューンアップされ、最高出力は128kW(175ps)/6000rpm。タービンハウジングを鋳鉄製から耐熱性に優れた鋼鉄製に変更し、1600rpmから 5200rpmと幅広い回転域で最大値260Nmのトルクを発生させ、6速MTとの組み合わせはダイレクトなレスポンスで怒濤の加速性能を発揮する。 サスペンションは、フロントにマックファーソン、リアには、トーションビーム式を採用し、ワイドトレッド化と同時にキャンバー角度を0.3度小さくネガティブキャンバーにすることで、直進性とコーナリング性能の向上を果たし、プジョー社内で設計製造された油圧式マルチバルブショックアブソーバーと向上したボディ剛性でプジョー独特の柔らかでありながら粘り強いロードホールディングを味わうことができる。今回試乗した河口湖周辺では、低速からターボの効く扱いやすいエンジンは、なんの不足も感じなかった。ただ、3・4速がややハイギャードぎみに思えたが、荒れた路面やうねりのある所でも先代の307よりもしっかりした腰付きで、プジョーらしいしなやかな猫足を増していると感じた。

<堤 長則> 最終更新:2010/04/23